自己破産手続きにかかる費用【知っておきたい自己破産の基礎知識】

自己破産手続きにかかる費用【知っておきたい自己破産の基礎知識】

自己破産手続きにかかる費用【知っておきたい自己破産の基礎知識】

自分で借りたお金とはいえ、返済しても中々元本が減らず生活を切り詰める結果になります。
そして、返済ができないためにまた他社から借りるというように自転車操業をしてしまうのが借金の恐い部分です。
自己破産をする人が、多くなりそれを批判する人もたくさんいます。
自分勝手に、お金を借りて好きなことをした後に、自己破産という法の制度の中で返済義務を無効にしてもらうからです。
誰も、お金は欲しいし好きなものを自由に買いたいと考えています。
しかし、現実はそのように好きなことをした結果が自己破産です。
賛否両論ありますが、国が定めた制度なので国民としてそれを利用する権利は誰もがあります。
ここで、問題になるのがその費用です。
破産を希望する人に、そんな大金だと支払い能力はありません。
実際の全国平均の費用は、弁護士に依頼すると約30万円ですが、探せば安い20万円の費用でもできるところがあります。
しかし、これはあくまでも平均になります。
ケースが色々とあり、自己破産に事件性があると判断されると管財人がつくことになります。
この事件性というのは、計画的に借金をして自己破産をする場合があるからです。
この管財人が、それを調べることになります。
すると費用は、一気に高くなり平均で80万円以上となります。
そのために、管財人がつくと免責がおりないこともあるために、自己破産を断念する人もいます。
このように、簡単に見える自己破産も色々と大変な手続きが必要です。