自己破産は誰でも出来る?~ギャンブルで借金を作った人は要注意~

自己破産は誰でも出来る?~ギャンブルで借金を作った人は要注意~

自己破産は誰でも出来る?~ギャンブルで借金を作った人は要注意~

ギャンブルで作った借金の場合には自己破産できないなどという噂があるようです。しかし、それは正確ではありません。

確かに、ギャンブルや浪費などは免責不許可事由に該当します。免責許可というのは、裁判所が借金をチャラにすることを認めるということですので、ギャンブルで作った借金の場合には理論上自己破産をしても借金がチャラにならない可能性があります。

しかし、ギャンブルなどの免責不許可事由があれば裁判所は絶対に借金をチャラにしてはいけないという法律があるわけではありません。すなわち、裁量免責といって、免責不許可事由がある場合でも裁判所の裁量で借金を免除することができるわけです。

自己破産においてこの裁量免責は比較的緩やかな基準で行われています。したがって、あまりにも酷くてお話にならないような場合、すなわち、申立人の反省の色が全く見えないような場合や、手続中にもギャンブルを行っていることが発覚した場合などでもない限り、通常は裁量によって免責されます。

もっとも、ギャンブルで作った借金が原因で自己破産する場合、通常よりも手続が複雑になることはあります。つまり、手元に財産がなければ同時廃止といって、申し立てを行うと通常は1回裁判所に行けば済む手続が利用できます。しかし、免責不許可事由のある場合には少額管財といって申立代理人の弁護士以外に裁判所が選任した弁護士(管財人)の元に何度か足を運び、裁判所にも何度か行かなくてはならない、少々面倒な手続になる可能性が高くなります。