2回目の自己破産です。1回目の時と異なることってありますか?

2回目の自己破産です。1回目の時と異なることってありますか?

2回目の自己破産です。1回目の時と異なることってありますか?

自己破産は生涯に一回しかできないと思ってる人もいるかもしれませんが、実はそうではありません。
自己破産は実は2回目でも手続きを行うことができます。
もちろん一回目よりハードルは高くなりますし、スムーズにいかないケースもあります。
また、人によっては2回目の自己破産手続きが許可されないこともあります。
しかし、免責許可さえ下りれば、2回目の自己破産手続きはできます。
では、免責許可が下りないケースにはどんなものがあるのでしょうか。
まず、経過年数があります。
自己破産の場合、2回目の手続きを行うなら、一回目の時から7年が経過していなければなりません。
最初の手続きから7年後であれば免責許可が下りますが、7年経過していなければ免責許可が下りないということです。
しかし一方、7年が経過しても免責許可が下りないケースもあります。
それは、借金の内容に妥当性がない場合です。
例えば、競馬やパチンコなど浪費によって借金を重ね、それによって自己破産手続きをする場合は、免責不許可事由に当たるとして手続きが認められないことがあります。
それだけではありません。
一回目の手続きの後で、キャッシングで債務を増やしてしまった場合も、免責不許可事由で手続きできない可能性があります。
これについては、一度債務整理をしておきながら余分に借金を増やしたということで、反省なしと見なされるからです。
このように、自己破産は2回目の手続きができる人とそうでない人がいます。