自己破産と奨学金についてのQ&A【奨学金返済にお悩みの方へ】

自己破産と奨学金についてのQ&A【奨学金返済にお悩みの方へ】

自己破産と奨学金についてのQ&A【奨学金返済にお悩みの方へ】

消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードのリボルビング払いなど、私たちの身近には様々な借金があります。これらの借金は、うまく活用すれば私たちの生活をより豊かにすることができますが、使い方を誤れば人生を大きく狂わせる事態に発展しかねません。特に、カードローンやリボルビング払いの場合、金利が非常に高く設定されており、借り入れを繰り返しているうちに利息の額が想像以上に膨らんでしまっていることも少なくありません。そのため、返済に行き詰ってしまい、法的に借金を帳消しにする「自己破産」に発展してしまうのです。また、学生が学校に通うために借りる「奨学金」も、実は立派な借金のひとつです。学校を卒業した後に返済の義務が生じますが、最近では就職難や非正規雇用の増加により、奨学金の返済ができなくなってしまう人が増えています。奨学金も自己破産の対象になるものの、借金事態は帳消しにならず、奨学金を借りる時に決めた保証人に一括で請求がいってしまいます。奨学金は、事実上自己破産が意味を成さないのです。万が一学校を卒業した後、奨学金の返済が出来そうにない場合は、事前に申請を行うことで返済期間を延ばしてもらったり、返済を猶予してもらうことが出来ます。これらの手続きには審査があり、必ずしも審査に通るとは限りませんが、無断で返済を止めるよりかは遥かによい方法です。また、卒業後に奨学金の返済が出来ないという事態に陥らないよう、事前に計画を立てておくことも大切です。